バイクいじり日記

なんだかんだ、ちまちまと。
by coke
カテゴリ
最新のコメント
> tadarさん 東..
by coke-jp at 07:47
今年に入ってから、サーキ..
by tadar at 23:57
> tadarさん 鏡..
by coke-jp at 11:04
以前の記事
Blog link
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

第4期工事 [キャブレター] (その2)

これは2011年9月18日の記事ですが、完結&折込 していなかったので、
タイトルを変更(第3期→第4期)して、移動しています。


先日までの作業で、
取付けが決まっているFCR(キャブレター)ですが、
BINGからの置き換えで無くなったものがあります。

「負圧取り出し口」

です。

左右のキャブレターの負圧を見比べて、
スロットルケーブルの張り等を調整し、
左右が同じ仕事をするように同調させるわけですが、
このFCRというキャブレターには、
その負圧を測るための接続口がないのですー。(←ちと長い)


「無い物は作りましょう。」

そのような言葉と共に立ち上がった勇者がここに。(ちと盛ってる)

ということで素材を探し、楽天で購入したのが

「負圧ニップル」

d0083614_154656.jpg


取付け部がM5ネジ(ピッチ0.5)なので、
取付け座(キャブレター)には、M5のメネジが必要になります。

と、
そのまえに。

負圧を計測しないとき(通常走行;普段使い時)には、
このニップル穴を塞いでおく必要がありますよ。

ニップルに開いてる穴は φ2.5(内径2.5mm)だったので、
M3のネジでフタをすることにします。(BINGのパクリ)

近所のホームセンターで M3x8mmのネジ(@4円)を買い、
ピッチゲージでしらべると0.5mm。

ドイツのホームセンターで買った、
タップとダイスのセットから、
M3(ピッチ0.5mm)のタップを取り出し、
シュルシュルと加工します。

イザ勝負!

d0083614_160655.jpg


勝ちました!
ちゃんとハマりました。

実はピッチゲージで見る時に、
目が霞む感じがあったので、少しだけ不安だったのでした。


気を良くして、
キャブ側の加工に入ります。

まず、
どの位置に取り出しを付けるか決めますが、
私は真上に向けて取り出す事にしました。

d0083614_1654149.jpg


位置を鉛筆でマークして、
表から下穴寸法を読み取ると 4.2mm。
手持ちのドリルをみると、4.0mmを発見。
片側(半径で)0.1mm小さいが、ヨシとしよう(笑)。

昨年12月に新調したドライバドリルで。。。
あれ? 動きませんよ? バッテリーはビンビンだぜ?
 ⇒ なんだか不具合が発生した模様です。別途、調査します。

仕方が無いので、
既に成人式を軽く超えてると思われる
電動ドリル(コード付;親父殿所有)を借りて
作業を進めます。

肉が薄いので、結構簡単に開きますよ。
 # 費用をケチる為に 重量増を避けるために、
 # 肉厚が通常のマウントアダプタをチョイスしてます。

d0083614_16193192.jpg


穴が開いたのでタップを立てますが、
肉が薄いので、
穴の軸線とタップの軸線をずらさないように
神経を使います。

で、
ニップルのネジ部にロックタイトを塗布し、組付けます。
締め付けトルクは、”適当”が良いんです。
ってことで出来上がり。

d0083614_16253651.jpg


次は洗浄とオーバーホールだな。。。

[PR]

by coke-jp | 2016-08-14 13:37 | BMW R100RS | Comments(2)
Commented by talokke at 2016-08-24 08:21 x
ありゃ?
凄~く進化してましたね。。。
ところでインテークボックスの中(エルボのリップ口)は
どんな仕上げにしました?
ファンネル形にしたほうが良いらしいです。。。
実は、オラもチャレンジ中。。
Commented by coke-jp at 2016-10-23 16:34
北の匠お手製なので、内側はすり鉢状に成っているのですよ。
ファンネル状が良いっていうのは、集まってきた空気が剥離しないことを言っているのです。
内側にそういうガイド形状を追加すると、インテークボックス内部の「有効な」容積を無駄にしていそうなので、ファンネルぽい形状をボックス壁面と一体化(内側から見ると埋め込み)させた形状になっています。(外側から見ると張り出してきています。)
<< 第4期工事 [キャブレター] ... 第4期工事 [キャブレター] ... >>