バイクいじり日記

なんだかんだ、ちまちまと。
by coke
カテゴリ
最新のコメント
> tadarさん あ..
by coke-jp at 08:22
退院おめ! 頑張ってリ..
by tadar at 00:25
> tadarさん 東..
by coke-jp at 07:47
以前の記事
Blog link
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

魔女と踊る男...に成れるだろうか?(番外編①)

五日目(番外編①)です。

朝から洗濯したり買い物したり、なんだかんだ用事を済ませ、
午後からゆるりと電車に乗ってケルンに向かいます。
ケルン中央駅でICEの到着ホームの手摺に凭れ、読みかけの小説に没頭していると、
フランクフルトからの電車が定刻通り(15:24)に入って来ました。
ツアー延長した3人娘(センセイ命名)とのケルン観光6時間1本勝負(笑)の始まりです。

一日振りの再会ですが、なんとなく緊張気味の私。
大丈夫か、オレ。
そういえば、三女の「不思議ちゃん」以外とは、無駄話をした記憶が無いです。。。
次女の「清楚さん」は「不思議ちゃん」より5つ6つ上だろうか。
長女の「キャリアさん」は、、、私より少し上かな?

とりあえず御一行様をDOM側の駅出口に案内すると、
とたんに目に飛び込んでくる巨大な建築物。
しばし側面からDOMを見上げた後、正面に回って写真を撮ります。っていうか撮れません。
DOMを見る度に思うのだけど、人間の眼ってスゴイと思います。
こんなに大きな建造物の全体を視界に入れながら、細部まで識別できるなんて。

ケルン大聖堂の中に入り、右側の塔に上がります。
出張者(♂)のときは下で待っているのですが、「不思議ちゃん」が高い所苦手と聞いていたので、念の為に同行します。実に5年振りじゃないでしょうか。
狭くて暗い螺旋階段を黙々と登りますが、平日なので混んでなくて、休憩しながら自分達のペースで離合もなく上がれました。
7合目(?)付近にある踊り場(鐘撞き場)をクリアし、9合目(?)の螺旋階段の終わりまで辿り着きますが、おぼろな記憶と違い、外が見えません。そういえば、外が見えるのは鉄階段を上がった先だったようです。

しばし休憩の後、踏み板がグレーチングになっていて、下が透けて見える鉄階段を登ります。
すると、これまで何の問題も無く登ってきていた「不思議ちゃん」が途中でへたり込んでいます。
「見えてるのがダメ」 どうやらそういうものらしいです。 こういうのは理屈じゃないですからね。
無理しないように、落ち着くように、声を掛けることしか出来ませんが、「不思議ちゃん」自らが頑張って上がりきることが出来ました。少し感動しました。
上からの景色を眺め、地上へと下りた後暫くは大腿部がプルプルと震えており、日頃の運動不足を痛感しました。

ケルン大聖堂内部に入り、ステンドグラスの色彩に見とれます。
何度見ても「すごいなぁ。きれいだなぁ。」としかコメント出来ない自分の浅さにガッカリしたり。
パイプオルガンを見ながら、偶々一度だけ聞いた実際の響きを思い出してみたり。
誰かの付き合いでしか来ることはないですが、DOMは何度見てもいいですね。

表に出て、Neumarktへと続く賑やかな通りをお土産物を物色しながら歩きます。
家電量販店の角をHeumarkt方向に折れて、AlterMarktに到着です。
本当は、色々な博物館などを見て貰いたかった(私が見たかった?)のですが、
時間の都合上、今回は見送ってビアハウス巡りに移ります。

ケルンにはケルンの地ビールがあり、ケルシュと呼ばれています。
10以上の銘柄があるようですが、私が味を思い出せるのは6つ位でしょうか?
中央駅周辺では、私の好きな順に
Gaffelhause
Peters
Frueh
Sion
となりますが、今回は①と④で1口づつ試飲して、③で飲みながら食事となりました。
ビールを飲み、食事をしながら、ようやく無駄話をしたのですが、判ったことがひとつあります。
やはり「魔女は実在する」(笑)ということです。見掛けや第一印象ってあてにならないですね。
なんにしろ、楽しい時間をありがとうございました。
最後に中央駅のホームでお別れし、私はデュッセルドルフ行きの電車に乗り込みました。

【蛇足】
私は、ほかにも Reissdorf や Paeffgen も好きです。
この2銘柄の私の中での順位付けは、上記①と④の間のどこかです。美味しいですよ。

で、今回ググっている内に、koelsch の brauhausのレポートをしているサイトを見つけました。独語が出来て興味がある方はどうぞ。
上記以外にも、Kueppers とか沢山のbrauhaus が有るのですが、ケルンに住んでる間に行っておけば良かったと残念に思います。
[PR]

by coke-jp | 2007-05-03 05:59 | ドイツ生活 | Comments(0)
<< 魔女と踊る男...に成れるだろ... 魔女と踊る男...に成れるだろ... >>