バイクいじり日記

なんだかんだ、ちまちまと。
by coke
カテゴリ
最新のコメント
> tadarさん あ..
by coke-jp at 08:22
退院おめ! 頑張ってリ..
by tadar at 00:25
> tadarさん 東..
by coke-jp at 07:47
以前の記事
Blog link
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

魔女と踊る男...に成れるだろうか?(番外編②)

六日目(番外編②)です。

今日は、センセイがケルンにいらっしゃいます。
センセイはケルンに何度かいらしたことがあるそうで、今回は美術館や博物館が目的だそうです。
博物館ならまだしも美術館なんて、こんな機会でもないと行くことはないかもしれないと思い、午後3時待合せで Wallraf-Richartz-Museum に同行させてもらうことにしました。

さて、いつものように全く予備知識の無いまま見学を始めましたが、幾つかは印象に残るものを見つけることができました。
「あぁ、この女性の感じ、良いなぁ。」って思ったらルノワールだったり、「なんか惹きこまれる感じがするなぁ。」なんて思ったらルーベンスだったり。
気になる絵を見つけて作者を確認すると、聞いたことのある名前だったりするので楽しいです。(爆)

展示の中に クラナッハ の絵が有ったので、
ギャラリーフェイクというマンガに、この画家の絵が出てきましたよ。」
「曰く、クラナッハの描く美少女は胸が薄いのが特徴的だとか。(笑)」
という世俗のヲタク知識をセンセイに入れ知恵したり。
センセイとは、絵・絵の題材・時代背景・等について話すことが出来て、楽しかったです。

で、気がつくと既に18時!です。
次にどうするか相談したらナント、私の提案とセンセイの提案が偶然一致。(驚)
一度行ってみようと思っていた、Koelner Karnevalsmuseum に行くことになりました。
行ってみた感想は、「ちょっと不親切」&「物足りない」様に思いました。
実際のカーニバルを経験した事のあるヒトは、記憶で補完して楽しめる(?)かも知れないけど、そうでないヒトが初めて訪れた時に、どれだけ楽しめるのか疑問に思いました。
まぁ、これは私個人の感想であり、カーニバルの楽しい雰囲気から過剰に期待しすぎていた反動かも知れませんが。

その後DOM周辺の土産屋さんを物色し、昨日場所を度忘れしていたPetersに辿り着いたのが20時頃です。
ドイツ(ケルン)と日本(広島)の文化活動に対する姿勢の違いとかいった、ちょっと大きな話から今回のツアー絡みの砕けた話など話していると、あっという間に21時です。
21:15のICEに間に合うよう、少し急ぎ足でホームまで一緒に行って、そこでお別れとなりました。

【感想】
センセイがマメにメモされている様子などをみて、私ももっとメモを取るようにしなきゃな、と改めて思いました。
[PR]

by coke-jp | 2007-05-04 06:05 | ドイツ生活 | Comments(0)
<< ドイツの街に象が啼く...のか? 魔女と踊る男...に成れるだろ... >>