バイクいじり日記

なんだかんだ、ちまちまと。
by coke
カテゴリ
最新のコメント
> tadarさん あ..
by coke-jp at 08:22
退院おめ! 頑張ってリ..
by tadar at 00:25
> tadarさん 東..
by coke-jp at 07:47
以前の記事
Blog link
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ミュンスター再び(2)

さあ、もう一つの目玉、 WASSERBURG 観光です。

最初に行ったのは、Haus Rueschhaus
d0083614_2232884.jpg

d0083614_2242425.jpg

裏に整った庭園があって、その周りを堀が囲っている感じ。
建物はまぁアレで、庭園はまぁソレで...ちょっと私の趣味とは違うかなぁ、とか思ったり。
で、面白かった事がありました。
建物を見ていると、なんだか微妙に雰囲気のズレてるものがあって。
d0083614_2382454.jpg

   (↑上の窓の位置に嵌ってる物体)
通り掛かった年配カップル(ドイツ人)の女性の方が、突然こっちを向いて男性を指差し、
「このヒトは芸術家なんだよ」ですって。
なんだそりゃ、って思っていたら、そこの窓に嵌っているオブジェを創ったヒトらしい。
なんだか色々説明してくれてたんだけど、余り聞き取れてない上に、
覚えていないのでどうしようもない。すまぬ。

さて、気を取り直して、Burg Huelshoff
d0083614_3113920.jpg

d0083614_3103140.jpg

ここは、妙なオブジェがなかったのと、 庭園の作為的な部分がホンの少し
和らいでいたのが良かったです。

次に、ちょっと郊外の、Schloss Vischering
d0083614_3194214.jpg

ここは、展示が面白かった。 <良いのか? そんな感想で。
d0083614_3245591.jpg

偶々なのか、どうなのか、城館の内部では気象に関する展示をしていて、
その中の一つがこれでした。
 ・この石が揺れていたら風が吹いたということ。
 ・この石が濡れていたら雨が降ったということ。
 ・この石が落ちていたら地震があったということ。
 ・この石が無くなってたら盗まれたということ。
 ・この石が見えなかったら霧が出ているということ。
誰がうまい事を言えと。(笑) ...デジャブ?
そうです。以前の記事で紹介していたように、
ヴェロニゲローデ城でも同じネタが披露されていました。
...このパターンって、ドイツ人共通のツボなのだろうか?
そのほかにも、お天気時計(?)っていうのかな?天気(湿度?)が変わると、人形が入れ替るおもちゃを題材にしたフランスのアニメーションで「ランデブー」ってタイトルのヤツが延々再生されてて、それがなかなか良かったのですが、皆さんに紹介する方法がないので残念です。
ということで、ここの水城は良かったですよ。←褒めてないかも。

続きましては、Schloss Nordkirchen
d0083614_3571894.jpg

d0083614_3575725.jpg

如何にもってな城館の登場です。
庭園も、「まるで何処かの公園のような」感じでした。
d0083614_415484.jpg

でも、ここで見つけた一番素晴らしかったものは、こちらです。
d0083614_433810.jpg

残念ながら、良い写真を撮ることができませんでしたが、赤と黒でビシッとキメたカップル。
カッコイイ! なんだか悪のカオリがプンプンしています。
なんだか気になって(かなり?)チラチラ見ていたのですが、そのうち向こうもこっちを気にしてポーズを取ってくれたり(笑)。
最後、彼らのクルマと擦れ違ったときには、挨拶の声を掛けてくれました。(チト嬉しかった)

最後に、Westerwinkel
d0083614_49195.jpg

個人的には、ここが一番良かったですね。なんとなく。
多分、周りの田舎具合が丁度良かったんじゃないかと思います。
で、ほわーっとのんびりしてたら、写真を余り取ってませんでした。残念。
まぁ、記憶に残っているので無問題です。

[総括]
「ミュンスター、ショボイ町だと思っててごめんなさい」って感じでしたね。
いい街だと思います。郊外に住むなら、クルマは必須でしょうけど。

[補足]
デジカメで撮った画像をフォト蔵にUPしています。興味ある方はどうぞ。
http://photozou.jp/photo/guest/AV2lN3ipeU
[PR]

by coke-jp | 2007-09-02 06:14 | ドイツ生活 | Comments(0)
<< 日本メシ・ミーティングinデュ... ミュンスター再び(1) >>